服用の際の注意点 | バイアグラでEDを治療してコンプレックスを解消しましょう!
menu

服用の際の注意点

たくさんの寒色の薬

バイアグラの服用際しての注意点として、空腹であることが挙げられます。
というのも、バイアグラは腸から吸収される薬ということで、胃の内容物に吸収が邪魔されるのです。
そのためにきちんとした作用を感じたいのであれば絶対にバイアグラを飲む際には空腹であることを意識しなければいけません。
食後2時間経過しなければバイアグラを服用するべきでない。という医師もいれば、30分空けたら大丈夫だよ。という医師もいます。
特に具体的に時間が決まっているわけではないようです。
やはりその辺は体質などに依存する個人差というものでしょう。

とはいえ、油分の多い食事というのはよくありません。
非常によくありません。というのも、上記の通りバイアグラは腸から吸収されるものです。
そのために、腸の内側に油の膜が張ってしまうとバイアグラが吸収されにくくなってしまいます。
そうならないためにも、油分の多い食事というのは控えましょう。

油分が多い食事といえばやはり焼き肉やステーキといったお肉ですね。
また肉を良く使うとなるとフランス料理は外せません。
そういった油ばかりの食事は約8時間バイアグラの吸収を阻害すると言われています。
そのためにバイアグラを服用する前には必ず避けたほうが良いかもしれません。
できるだけ体内の環境をバイアグラが効果を発揮するのに適したものにすることが大切なのです。
もちろんそこには多少のズレというものはあるでしょう。
しかし、それでも特に得られる効果そのものには影響ありません。
もちろんバイアグラを全く意識していない食事なら意味はないかもしれません。
とはいえ、バイアグラを飲むことがわかっているのであればバイアグラを飲むのに適しているような食事を摂ることが重要です。