レビトラの効果とは | バイアグラでEDを治療してコンプレックスを解消しましょう!
menu

レビトラの効果とは

たくさんの白い錠剤

レビトラはバイアグラを参考に開発されたED治療薬です。というのもレビトラの特徴として、「バイアグラの改良品」と思われるものが多数あるからです。

作用そのものはバイアグラとほとんど同じです。
勃起を阻害する物質の働きを抑え、その中で勃起を促進するための血管拡張作用を持っているというものです。
さらにレビトラにはバイアグラに無いものを二つ持っています。
それが「空腹」と「遅効性」の克服です。
その二つを克服したことは非常に魅力的で、実際にレビトラを服用すると、ものの15分でその効果が発揮されます。
また空腹を感じない程度の食事(軽食)であれば問題なく効果を発揮してくれます。
そのために、いままで空腹のままバイアグラを飲んでいた人達からするとある種の救いのようなものです。
とはいえ、バイアグラはバイアグラで工夫をすればセックスまでに空腹を満たすことはできるのですがね。

レビトラの効果はそんなに魅力的なだけあって、日本国内での認可を受けています。
またレビトラはバイアグラの次に日本国内で発売されたものです。
レビトラのパッケージには炎がデザインされており、マッチの炎をイメージしているそうです。
レビトラの即効性をマッチの炎に例えているのはオシャレ指数高めと言えるでしょう。

またレビトラを服用する際にグレープフルーツを摂取するのは非常に危険です。
グレープフルーツに含まれるフラノクマリン酸という成分が薬の吸収率を異常に高めるとされています。
そのためにグレープフルーツと一緒に服用することで重篤な副作用を引き起こす可能性があるためです。
自分の中でそういった副作用に対しての抵抗の気持ちがあるのならば、絶対にグレープフルーツとは服用しないようにしましょう。
ホテルのベッドどころか病院のベッドで寝なければいけない結果になるかもしれません。